ゆーじろーの自転車で日本一周?+α?の旅

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
( --/--/-- --:-- ) Category スポンサー広告 | トラックバック:(-) | コメント:(-)

【旅376日目】【2013年6月5日】人が自ら捨てた島と、人が自ら壊した街。 

どうもー。ゆーじろーっす。


今回は軍艦島の記事なんですけど、二日前にこんなニュースを見ました。


美しすぎる廃墟「軍艦島」をストリートビューで巡る 立入禁止区域も撮影


めっちゃタイムリーだなーとか思いながら見てましたw
もちろん僕の記事には立ち入り禁止区域は出て来ませんがw

今回の記事は写真も多目で、読み込み、内容共に重い記事になっていますが、お付き合いいただければと思います。


IMG_8653-20130628-182140.jpg

ネットカフェ「サイバック浜町店」で起床。

昨日軍艦島のツアーをネットで予約しておきました。
集合時間はAM10:10。場所はここから数キロ先。
余裕があるので飯でも食ってから行きましょうかね(´∀`)

そんなわけで、旅376日目は長崎県長崎市 ネットカフェ「サイバック浜町店」からスタート!!


IMG_8660-20130628-182207.jpg
うにゃ~ん。

おいおいそんなとこでそんな無防備な格好してるとあまいっちゃんやまっちゃんに襲われるぞ(・∀・)

IMG_8665-20130628-182233.jpg

すき家で腹ごしらえして、さー集合場所のフェリーターミナルへ向かいましょう!

IMG_8668-20130628-182314.jpg

到着。
既に結構な人が集まっておりました。


さて、ここで僕が申し込んだツアー会社について少しだけ。

僕が申し込んだのは軍艦島コンシェルジュというツアー会社です。

選んだ理由は探すのがめんどくさいからあまいっちゃんの記事参考にした他と比べて安かったからですかね。あと検索したら一番上に来たからw

ツアー料金は平日と休日に分かれており、平日は大人一名3,600円です。祝日は3,900円。
そして軍艦島に上陸する料金が別途300円必要になるので、平日ですと合計3,900円ですね。ぐぬぬ・・・結構手痛いダメージだぜ(;・∀・)

一日に午前・午後とそれぞれ二回ツアーが行われております。
時間は約2時間半ほど。
ガイドさんと数名のスタッフ先導の下、軍艦島を見て周ることになります。

詳しくは上記リンクからご確認ください(´∀`)

IMG_8669-20130628-182319.jpg

料金はカードで支払っていたのでささっと受付して準備完了!

IMG_8672-20130628-182334.jpg

出航時間まで控室で待ち、遂に乗船です!


・・・とここで行く前に軍艦島の簡単な説明をば。
知っている人はズサ━━━━⊂(゚Д゚⊂⌒`つ≡≡≡━━━━!!っとスルーしてくださいw


軍艦島の本当の名前は「端島(はしま)」です。
海からみた島の形が軍艦・土佐に似ていることから、軍艦島の愛称がつきました。

当時は海底炭鉱によって島は栄えており、小さな島には人や建物が密集。
5,000人を越える人が島に集まり、その人口密度は世界一を誇り東京特別区の9倍以上に達したらしいです。すげぇなw
一時は繁栄の限りを尽くしましたが、主要エネルギーが石炭から石油に以降し、徐々に衰退。

そして1974年に閉山。その後は無人島となり今に至る。
―――島が一つの廃墟となったまま。


ざっくりとですがこんな感じですかね?
要はあれです。ハイパー廃墟アイランドって感じですw

んじゃ能書きはこのぐらいにして、ツアー行ってみましょう!


なお、同じような写真がたくさん出てくるとは思いますが、生ぬるくスルーしてくださいw
廃墟写真何百枚も見て選定してたんで知らず知らずのうちに同じカット選んでましたw

IMG_8673-20130628-182338.jpg

乗船。
軍艦島の映像が流され、ガイドの紹介などがされます。

IMG_8678-20130628-182350.jpg

そしてフェリーは遂に軍艦島へ。

IMG_8683-20130628-182403.jpg

うーん・・・写真撮りたいけど前の人が・・・。
と思っていると

IMG_8684-20130628-182414.jpg

すかさずスタッフさんが注意してくれました(´∀`)

IMG_8685-20130628-182418.jpg

IMG_8688-20130628-182424.jpg

IMG_8690-20130628-182429.jpg

IMG_8692-20130628-182433.jpg

IMG_8694-20130628-182438.jpg

IMG_8701-20130628-182503.jpg

IMG_8706-20130628-182514.jpg

IMG_8707-20130628-182516.jpg

朽ち果てた建物が、島全体に所狭しと立ち並んでいます。
その一つ一つに様々な物語があるとは思うのですが、あまりにも密集しすぎていて、建物が朽ち果てているというよりは島全体が一つの廃墟になっている、という印象を受けました。

IMG_8719-20130628-182543.jpg

IMG_8721-20130628-182548.jpg

IMG_8726-20130628-182602.jpg

―――あの建物は集合住宅です。

―――あの建物は島唯一の娯楽施設だったパチンコ屋です。

―――あの建物は・・・

フェリーがゆっくりと島を周る中、ガイドさんが丁寧に説明してくれます。
しかしこの時はまだ、この島での生活が想像できていませんでした。

IMG_8727-20130628-182605.jpg

・・・そしてすぐに立つおっちゃん達(;・∀・)

IMG_8729-20130628-182611.jpg

スタッフさんが何度も注意するのですが、一瞬座るもののすぐに立つおっちゃん。
挙句この人はもうスタッフさんの言葉を無視しだしました・・・この野郎(#^ω^)ピキピキ

熱心に何撮ってるかと思えばずーっと動画で撮ってるし・・・。
他の人の事とか考えられないんですかねぇ・・・。

IMG_8731-20130628-182616.jpg

おっちゃんの頭だってはいky(自主規制)

IMG_8734-20130628-182624.jpg

・・・もう諦めたお\(^o^)/
・・・と思ってたらフェリーが反転してくれて正面から見れました!グッジョブ!

IMG_8735-20130628-182626.jpg

IMG_8736-20130628-182628.jpg

IMG_8738-20130628-182633.jpg

IMG_8742-20130628-182643.jpg

IMG_8746-20130628-182652.jpg

IMG_8748-20130628-182656.jpg

IMG_8752-20130628-182703.jpg

ここが一時は世界で一番人が多く集まった場所。
きっと当時は人で溢れかえっていたのでしょう。大型のアパートも沢山ありますし。

しかし、やっぱりまだ実感が湧いてきません。
無機質な廃墟が、まるで人の侵入を拒んでいるような気さえしてきます。

IMG_8759-20130628-182718.jpg

そして一旦沖へ。

IMG_8767-20130628-182737.jpg

IMG_8769-20130628-182742.jpg

この位置から見る端島の形が「軍艦・土佐」に似ていることから軍艦島と呼ばれるようになりました。
確かに軍艦に見えますね・・・。
度重なる建物の増築の末、このような形になったそうです。
ただの島にここまで沢山の建物が建っていること自体、なんだか異様な気がしました。

IMG_8776-20130628-182758.jpg

IMG_8782-20130628-182812.jpg

IMG_8785-20130628-182821.jpg

IMG_8786-20130628-182823.jpg

IMG_8787-20130628-182824.jpg

IMG_8788-20130628-182825.jpg

IMG_8789-20130628-182826.jpg

IMG_8790-20130628-182827.jpg

IMG_8791-20130628-182828.jpg

IMG_8792-20130628-182828.jpg

・・・同じカットが多数含まれていますねwご容赦くださいw

この軍艦島を見て、皆さんはどう思われるでしょうか?
きっと人それぞれ感じ方は違うんでしょうね。

IMG_8793-20130628-182829.jpg

そしていよいよ上陸です。

IMG_8813-20130628-182847.jpg

軍艦島では見学広場が三カ所あり、そのそれぞれでガイドさんが説明をしてくれます。
そしてこのガイドさん、なんと昔この軍艦島で働いていた方なんだそうです!
本などで得た知識ではなく、ご自分の実体験を元に説明をしてくださるので聞いているこちらもスーっと頭に入ってきます。
そしてガイドさんの説明に合わせ、周りのスタッフさんが当時の写真をみんなに見えるようにしてくれます。

ガイドさんの実体験と当時の写真。そしてその面影を残す軍艦島。
朽ち果てて「色」を失ったこの島に、まるで絵具で塗ったように当時の様子が想像できてきました。

IMG_8796-20130628-182831.jpg

IMG_8797-20130628-182832.jpg

IMG_8798-20130628-182833.jpg

IMG_8800-20130628-182835.jpg

IMG_8801-20130628-182836.jpg

上陸し、一歩軍艦島の内部に身を投じればそこは周り全てを廃墟に囲まれた異様な空間。

軍艦島では当時なかなか植物が育たず、アパートの上に今でいう家庭菜園を作ってみたり、壁を緑のペンキで塗り、少しでも緑があるようにしていたそうです。
そんなかつては「緑なき島」といわれた島は、今はこんなに緑があります。
・・・なんだか複雑な気持ちになります。

IMG_8805-20130628-182840.jpg

IMG_8809-20130628-182843.jpg

IMG_8811-20130628-182845.jpg

かつては繁栄を極めたこの島も、今では鳥たちの遊び場です。

IMG_8814-20130628-182848.jpg

IMG_8815-20130628-182849.jpg

IMG_8816-20130628-182850.jpg

IMG_8818-20130628-182852.jpg

IMG_8820-20130628-182853.jpg

第二の見学広場へ。
ぞろぞろと移動する団体の最後尾に付き、写真撮りまくりながらゆっくり進みます。

IMG_8832-20130628-182905.jpg

IMG_8833-20130628-182906.jpg

IMG_8836-20130628-182908.jpg

IMG_8838-20130628-182910.jpg

IMG_8840-20130628-182912.jpg

IMG_8842-20130628-182914.jpg

IMG_8845-20130628-182917.jpg

ここら辺は炭鉱と事務所があった場所だそうです。
一日炭鉱に籠り仕事をした方々は、終わったらまず島にある浴場施設へ。
何人もの人が入るためすぐにお湯は黒く濁り、その都度お湯を取り換えていたんだそうです。

そして最終ポイントへ。
例の如く最後尾で写真を撮りながら進みます。

IMG_8847-20130628-182919.jpg

IMG_8850-20130628-182922.jpg

IMG_8856-20130628-182927.jpg

IMG_8857-20130628-182928.jpg

IMG_8859-20130628-182930.jpg

IMG_8861-20130628-182932.jpg

IMG_8862-20130628-182933.jpg

IMG_8863-20130628-182934.jpg

軍艦島は海抜がとても低い島。
台風でも来ようものなら大変なことになっていたそうです。
波が島全体を飲みこむような勢いで打ち付けるため、島民はアパートなどの上に登りその光景をみていたんだそうです。

また島唯一の娯楽施設がパチンコ屋。
その他に遊ぶ場所のないこの狭い島で、逢引き(マジでこういう言い方してましたよw)しようものなら高い場所にいる子供たちから野次が飛び、おちおちデートもできなかったんだとか。

こういった話はやはり実体験ならではなのでしょうね。
この廃墟に色が付き、風が吹き抜け、当時の生活がどんどん想像できるようになっていきます。
小さな島に人が集まり、繁栄の為に毎日必死に生きて来た軌跡。
そんなものを感じることができました。

島は人々から捨てられ無人島になりましたが、この朽ち果てた廃墟の島は今なお、生きている。
そう、思いました。

IMG_8868-20130628-182938.jpg

IMG_8871-20130628-182941.jpg

IMG_8874-20130628-182944.jpg

IMG_8879-20130628-182948.jpg

IMG_8880-20130628-182949.jpg

この島は生きている―――
生きる廃墟、軍艦島。
ずっと楽しみにしていましたが改めて、来てよかったです。

IMG_8882-20130628-182951.jpg

フェリーに乗りターミナルへ帰り、ツアー終了!
お疲れ様でしたー!!


さー、記事一つ分、いや一つ分以上のボリュームで軍艦島ツアーをお届けしましたが、時刻は現在13:00。
「ブログ村ランキングバナー」を押すのはまだ早いですよ!!
・・・え?いつも押してないって?左様でございますか(・ω・)

まだまだ続くよ長崎観光!!
次のポイントへ行く前に、腹ごしらえじゃーい!!

長崎と言えば長崎ちゃんぽん。
正直あまり好きではない・・・というか食べた記憶がない(;・∀・)
ラーメンは大好きなんですけど、あの具材が大量に乗ってるのがどうも好きになれなくて・・・まぁ典型的な食わず嫌いですねw嫌いじゃないですけどw

なのでどんな味なのかパリサツわからないのですが、せっかくだし食ってみようと思います。
よし、最近知り合いが行ってめちゃくちゃうまいと言っていたお店へ!!

IMG_8884-20130628-182953.jpg

・・・あるある。
これぐらいじゃ怯みませんよ。
場所を中華街に移し

IMG_8896-20130628-183002.jpg

中華街にある江山楼さんへ。

なんでもこのお店のちゃんぽんは三種類あるらしく、並、上、特上があるそうな。
当然お値段もどんどん上がり、特上にもなるとなんと1,575円!!
・・・・・ねーよ(・∀・)

IMG_8892-20130628-182958.jpg

ってことで当然普通のちゃんぽんを注文。

IMG_8893-20130628-182959.jpg

沢山具が乗っています。

ラーメンにこんなに具乗せるんじゃねーよヽ(#`Д´)ノ
という謎の理由で今まで倦厭していたちゃんぽん。つかそもそもラーメンじゃねーしw
さて、お味の方は如何に?
まずはスープを一口。ずずずーっと。


!!


う・・・UMEEEEEEEEEEEEEEEEEEE!!!!



なんだなんだこのスープは!?
てっきりただの薄めのトンコツだろぐらいに思っていたのですがとんでもない!!
すごく濃厚で、それでいてくどくない。

まずスープを口に含んだ瞬間に舌を突き抜けるようにアサリの旨みがバキューンと!!
そのすぐ後からもう何かよくわかんないけど複雑な旨みが駆け巡ります!!

取りあえずうまい!!うますぎるぞこれ!!!!


一瞬で完食してしまいました(;・∀・)
もう後三杯ぐらい食べたいぞ・・・。
これがちゃんぽんの出力だというのか・・・今まで無駄に倦厭していた自分にオレ式ファイナルヘブンかましたいぐらい美味しかったです・・・。

ご馳走様でした(´∀`)

IMG_8897-20130628-183003.jpg

食後は次の観光ポイントへ!

IMG_8898-20130628-183004.jpg

とんでもとんでもな坂の上まで登り

IMG_8900-20130628-183006.jpg

原爆資料館へ。

IMG_8903-20130628-183009.jpg

・・・すっげー人だ(;・∀・)

何か小中高全ての修学旅行生と韓国人団体御一行にかち合ってしまったようです・・・。
うーん・・・頼むから騒がないでくれよ・・・。

そんな願いもむなしく騒ぎ出す団体。

IMG_8904-20130628-183010.jpg

人が読んでいるのに押しまくって写真を撮りだす韓国の方。
そんな露骨に押さないでくださいよ・・・読んでんだから時間かかるの当たり前でしょ・・・。

そして馬鹿にするように「アニョハセヨー!!」と叫びまくる中学生。
そんな生徒を黙らせようと更に大きな声で怒鳴りまくる教員。

・・・・・。

IMG_8905-20130628-183011.jpg

必死でメモを取る小学生。
・・・テメーら見習え。マジで。メモらなくていいから取りあえず黙ってろ。

まぁ自分も中学の時に見たらどう思うかわかりませんけどね。。。
もう少し節度を守って欲しいなぁ・・・。

若干ゲンナリしながらも資料を読んで行きます。

IMG_8907-20130628-183013.jpg

物干しざおの影。

IMG_8908-20130628-183014.jpg

IMG_8910-20130628-183016.jpg

IMG_8911-20130628-183017.jpg

IMG_8912-20130628-183018.jpg

IMG_8914-20130628-183020.jpg

IMG_8915-20130628-183021.jpg

原爆の熱線で溶けて固まったものたち。
広島でも同じようなものを見てきましたが、やはり心に来るものがあります。

IMG_8916-20130628-183022.jpg

IMG_8919-20130628-183024.jpg

よく見なければわかりませんが頭蓋骨が付着しています・・・。

IMG_8921-20130628-183026.jpg

不思議なことに小学生だけは熱心に見学しているんですよね。

最後にこちらも広島同様、被害者の生の読み物を読んで終了です。
やっぱこれが一番きますね・・・心をぐっと掴まれたような気持ちになりました。

IMG_8923-20130628-183029.jpg

沢山の平和の願い。

IMG_8926-20130628-183031.jpg

資料館で学んだあとは、平和祈念館へ。
ここは原爆で亡くなった全ての方の記録が安置されています。

IMG_8927-20130628-183032.jpg

そりゃもちろん。

中に入り、天井高くまで積み重なった被害者の記録。
その前で追悼します。

なんでしょうかね。
広島とか沖縄でもそうでしたけど、実際には体験したことのない、本の中でしか知らない戦争の話。
それでも一つ一つしっかりと資料や書き物を読むと、不思議と頭の中に「戦争」のことが染み込んで行きます。大人になったってことなんですかねー。

TVや本では伝えられない、「リアルな戦争」が、僕の知る限り広島、沖縄、そしてここにはあります。
そしてその戦争で亡くなってしまわれた方がここで眠っている。
・・・・・涙が止まりませんでした。

IMG_8928-20130628-183033.jpg

IMG_8930-20130628-183035.jpg

その後は歩いて平和公園まで。

IMG_8931-20130628-183036.jpg


平和祈念像―――


垂直に高く掲げた右手は原爆の脅威を、水平に伸ばした左手は平和を、横にした足は原爆投下直後の長崎市の静けさを、立てた足は救った命を表し、軽く閉じた目は原爆犠牲者の冥福を祈っています。
・・・まぁ有名ですよねw

ホント、平和になればいいのになぁ。

IMG_8938-20130628-183040.jpg

IMG_8939-20130628-183041.jpg

IMG_8950-20130628-183051.jpg

IMG_8946-20130628-183047.jpg

平和の泉。

IMG_8947-20130628-183048.jpg

原爆投下後は水がなく、泥や油にまみれた水を啜っていたそうです。
そんな方々の冥福を祈り作られた泉です。


色々思うところはありますがこの辺で。
何度でも言います。こういう場所は、自分の意思と自分の足で来て、自分の目で見てください。

市街に戻りマックでブログ更新し

IMG_8951-20130628-183052.jpg

道端でビール飲んでネカフェに入りwこの日は終了です。

お疲れ様でしたw長くてすいませんwww
最後まで読んでくださりありがとうございましたー!!


明日は佐賀方面に移動でーす(´∀`)




んじゃまたw




◆◆◆各種データ◆◆◆
旅375日目
日付:2013年6月4日(火)
天気:晴れ
長崎県南島原市 道の駅「みずなし本陣ふかえ」 → 長崎県長崎市 ネットカフェ「サイバック浜町店」

■出費額

#費目内訳金額備考
1食費外食280すき家 - 牛丼並
2観光費ツアー料金3,900軍艦島コンシェルジュ - ツアー料金(3600)、軍艦島入場料(300)
3食費外食840江山楼 - ちゃんぽん
4観光費入場料200原爆資料館 - 入場料
5飲料費コーヒー100マクドナルド - アイスコーヒーS
6宿泊ネットカフェ1,780サイバック浜町店 - ナイトパック12時間(1980)、200円割引


合計 :\ 7,100


■走行記録
市街を走っただけなのでGPSログはなし。
走行時間:1時間21分
走行距離:13.92km
平均速度:10.2km
最高速度:29.9km
総走行距離:10472.1km


IMG_8934-20130628-183039.jpg

世界が平和でありますように。
偽善と思われるかもしれませんが、本当にそう思いました。



にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
ブログランキングに参加しています。
面白かったら押していただくとモチベーションが上がりますw



スポンサーサイト
( 2013/06/30 22:35 ) Category 長崎県⇒佐賀県 | TB(0) | CM(10)
お疲れ様です。
自分は15年ほど前、1年半ほど長崎に住んでいました。
平和公園のすぐ近くでした。
週末、天気が良ければ自転車に乗って何度も訪れたものです。
普通の公園として。。。
当時は正直、戦争や平和について特に意識もせずに足を運んでましたね。
しかし、15年の時を経た今、ゆーじろーさんのブログを見て、改めて訪ねてみたいと思いました。
今なら、違った印象と気持ちで見て回れるような気がします。

軍艦島はすごいですね。
1年半も住んでて、その存在を知りませんでした。。。
[ 2013/07/01 00:48 ] [ 編集 ]
ブログのタイトルが凄い心に残ったわ。

>自分の意思と自分の足で来て、自分の目で見てください。
本当にそうだね。
大人になって行くことができてよかったよ。
[ 2013/07/01 18:47 ] [ 編集 ]
原爆ドームなどはまだ行ったことがないのですが、なにかひめゆりの塔といいそういったものを見ると言葉にならない感情が湧き出してくる気がしますねぇ…。
自分たちが普段何事も無くのほほんと生きているこの日本で昔何があったのかとか考えると非常に複雑な気分になります。
タイトルも非常にいいとは思いますが何より内容が充実していて長く感じませんでした。
軍艦島といっしょにするのはどうかと自分でも思うのですが、人間がこれまで何をしてきたのかということを改めて思い知らされた気分です。
平和とは何か、自由とは何か、もう一度考えたくなる記事でした。

どうか平和な世界になりますように…。
[ 2013/07/02 12:18 ] [ 編集 ]
俺ならおっさんの隣に行って「今日はハゲしく揺れますねー」とか言いながらわざとぶつかる嫌がらせしてるわw
[ 2013/07/03 21:55 ] [ 編集 ]
>たけさん

> お疲れ様です。
> 自分は15年ほど前、1年半ほど長崎に住んでいました。
> 平和公園のすぐ近くでした。
> 週末、天気が良ければ自転車に乗って何度も訪れたものです。
> 普通の公園として。。。
> 当時は正直、戦争や平和について特に意識もせずに足を運んでましたね。
> しかし、15年の時を経た今、ゆーじろーさんのブログを見て、改めて訪ねてみたいと思いました。
> 今なら、違った印象と気持ちで見て回れるような気がします。
お疲れ様ですー!
おぉ、長崎に住んでらっしゃったんですね!
まぁ近くにあるとなかなかわからないことも多いですよね。
ちょっと違いますけど、静岡県民の僕に言わせると富士山は見飽きた、登る気にならないって感じですしw
僕のブログで何か感じてくださったならありがたい限りです。
ぜひ、たけさんの意思と足で行ってみてください。

> 軍艦島はすごいですね。
> 1年半も住んでて、その存在を知りませんでした。。。
まぁ長崎から見えないですしねw
凄まじい場所でした・・・。
[ 2013/07/04 11:28 ] [ 編集 ]
>λ もゆ λさん

> ブログのタイトルが凄い心に残ったわ。
あれちょっと悩んだんだけどねー。
もゆちゃんもこの前行ったみたいやから知ってると思うけど、別に軍艦島って負の要素はないからねー。
でも、この記事は個人的にこれが一番かなーと思った。

> >自分の意思と自分の足で来て、自分の目で見てください。
> 本当にそうだね。
> 大人になって行くことができてよかったよ。
うん、こういう場所見ると毎回そう思うよ。戦争系だけじゃなくて、被災地もそうだし水俣病のもそうだし・・・。
オレも、大人になって行けてよかった。
[ 2013/07/04 11:31 ] [ 編集 ]
>HIDEさん

> 原爆ドームなどはまだ行ったことがないのですが、なにかひめゆりの塔といいそういったものを見ると言葉にならない感情が湧き出してくる気がしますねぇ…。
> 自分たちが普段何事も無くのほほんと生きているこの日本で昔何があったのかとか考えると非常に複雑な気分になります。
ホンマにそうですねぇ。
平和なのはいいことですけど、昔何があったのかを知るということは大事だし、人間として絶対必要なことだと思いますねぇ。

> タイトルも非常にいいとは思いますが何より内容が充実していて長く感じませんでした。
> 軍艦島といっしょにするのはどうかと自分でも思うのですが、人間がこれまで何をしてきたのかということを改めて思い知らされた気分です。
そう言って頂けると書いてよかったなーと思います。ありがとうございます。
確かに軍艦島は負の要素はないですからねw
でも平和公園は・・・。

> 平和とは何か、自由とは何か、もう一度考えたくなる記事でした。
> どうか平和な世界になりますように…。
平和ってなんでしょうね。平和を願えば平和になるのなら遥か昔からなっていたはずですし・・・。
それでもやっぱり思います。ホント、平和になりますように。
[ 2013/07/04 11:34 ] [ 編集 ]
>マグロさん

> 俺ならおっさんの隣に行って「今日はハゲしく揺れますねー」とか言いながらわざとぶつかる嫌がらせしてるわw
ちょwwwその発想はなかったwww
如何におっさんの頭と軍艦島を同じはいky(自主規制)として芸術的に取れるかを模索してましたw
[ 2013/07/04 11:36 ] [ 編集 ]
軍艦島のニュースは俺もみたよー
探検してたら建物すり抜けたりとかしたわ(;´∀`)
ゆーじろーが行ったときは晴れてたんだね。
こういう天気の日もいいやねー
だけど、ツアー短いよねコレw

あと、ちゃんぽんもう一回食いたくなりました(´∀`)
[ 2013/07/05 03:45 ] [ 編集 ]
>Amaichiさん

> 軍艦島のニュースは俺もみたよー
> 探検してたら建物すり抜けたりとかしたわ(;´∀`)
さすが軍艦島好き。チェックはえーなw

> ゆーじろーが行ったときは晴れてたんだね。
> こういう天気の日もいいやねー
> だけど、ツアー短いよねコレw
曇りの方が退廃的な雰囲気出ていいかもしれんけど、まぁ晴れててもなかなかえーもんですわな。
そそw書かなかったけど、上陸してる時間短いよねw
確かに見学ポイント少ないし、話にも限度があるからしゃーないけど、自由時間と言うか撮影時間が欲しいよな・・・

> あと、ちゃんぽんもう一回食いたくなりました(´∀`)
あれはマジでガチで本気でうまい。
[ 2013/07/06 21:28 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ゆーじろー

Author:ゆーじろー
HN:ゆーじろー
性別:♂
年齢:20代

HNは実際にそう呼んでる人がいるため。

2012年5月から自転車で日本一周+αの旅に出ました。
理由は色々あるけど、一番は楽しそうだから!

自分の住んでいる国を、自分の脚で(自転車で)駆け回り、自分の目で見て、自分の手で触れ、自分の頭で考え、自分の体で感じて精一杯楽しんで来ようと思います!

最新トラックバック
カテゴリ
アクセス数


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。