ゆーじろーの自転車で日本一周?+α?の旅

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
( --/--/-- --:-- ) Category スポンサー広告 | トラックバック:(-) | コメント:(-)

【まとめ記事】カメラと写真について 

どうもー。ゆーじろーっす。


まとめ記事第六弾はカメラと写真について!

この旅で写真が好きになったゆーじろー。
大した腕もなけりゃ一般的な知識しかないのにどうやってまとめるつもり!?

・・・別に大したこと書くつもりはありんす。
自分が使っていた機材の紹介と、ブロガーのため・・・になるかわかりませんが、僕が撮った写真を縮小したりなんなりしてブログに使えるようにするまでをまとめてみようと思います。

前回、前々前回の記事があまりにもあまりだったので、今回はサボらせてください!w


それではまとめ記事第六弾、いってみよー!


ちなみに今回の記事ではカメラの設定やめんどくさい説明は一切致しません!
絞りがどうとかスピードがどうとか感度がどうとか露出がどうとか・・・何だそれただの下ネタじゃねーか!ってなもんです(・∀・)
そういうのはね、そういうブログなりなんなりに任せておけばいいのです。
僕が拙い説明をつらつらと書くよりもよっぽどそれ専門の記事見た方がわかりやすいですし。

まぁ一眼使うのであれば、絞り・シャッタースピード・ISO感度・露出辺りはなんとなしに覚えておいて損はないかなーと思います。
他にも色々ありますけど、取りあえずこれさえ頭に入って設定できるようになれば、写真の幅もぐっと広がると思いますよー。


ってなわけで僕の記事では僕が使用してきた機材とかその辺の紹介でーす!


使用カメラ



■Canon EOS Kiss X4 ダブルズームキット

IMG_8245-20121006-180448-20150225-205009.jpg

チャリの次の相棒と言っても過言ではない、僕の旅の撮影を支えてくれた愛機は、Canonさんのエントリーモデル、 EOS Kiss X4というモデルです。

CanonのKissと言えば、一眼のエントリーモデルとしてはもう一番有名なんじゃないかというぐらい有名ですねー。そのXな4番目の子です。
僕の出発当時でも一つ型落ちでしたが、現在(2015/2/28現在)ではEOS Kiss X8iが最新らしいので、実に四世代も前の機種になりますね。

ただエントリーモデルとはいえ、そこは腐って・・・ないけど、まぁとにかくそこは一眼レフ!
写真初心者の僕からしたら素晴らしいカメラでしたよ!
素人でも時々不満に思うことはありました・・・が!
これぞエントリーモデル。なんでもそつなくやってくれちゃいました。あくまで初心者レベルでねw

すんごーく綺麗な写真は(主に筆者の腕のせいで)撮れませんでしたが、そこそこ綺麗な写真は撮れたのかなーと思います。特に後半。個人的には満足しております。
※上を見たらキリがないので、ここではあくまでも初心者が一眼レフを使った感想に留めます。

値段も当時ダブルズームキット(レンズが2つついたセット)なのに5万と安かったし、ホント、エントリーモデルとしてはだいぶ優秀だと思います。

あの過酷な旅で、ゆーじろーの過酷過ぎる使い方でも最後までなんとか持ちこたえてくれたし、僕はこのカメラを相棒として旅をしてきてホントよかったなーって思います(´∀`)

ありがとう、X4!
こんにちは、6D!


使用レンズ



使用レンズは、前半の日本半周時はダブルズームキットで付いてきた、所謂標準レンズ(EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS II)と望遠レンズ(EF-S55-250mm F4-5.6 IS II)を使っていましたが、日本半周後にリストラ。
代わりに下記でご紹介しますレンズで残りの日本一周を周りました。

■SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM

SIGMA 高倍率ズームレンズ 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM キヤノン用 APS-C専用SIGMA 高倍率ズームレンズ 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM キヤノン用 APS-C専用
(2012/06/29)
シグマ

商品詳細を見る



まずは使用率99%を誇る、この旅の撮影のほとんどを担ってくれた、通称便利レンズであるSIGMAの高倍率ズームレンズです。

高倍率ズームレンズとは、上記ダブルズームキットについてくる標準レンズと望遠レンズを一本にまとめちゃった、もう超絶便利なレンズなのでーす!!

えーじゃー標準も望遠もこの世から滅亡しても大丈夫だねッ!
というとそこは違うのですが、まー間違いなく便利なレンズです。
基本的に旅はこれ一本で大丈夫です。断言しちゃいますw

いやいやそのレンズだと・・・とか語りだす人はそもそもX4の時点で文句言いそうなのでシャットダウン。気持ちはわからんでもないですがここではそういう野暮な話はなしにしましょうぜ(・∀・)

近くも遠くも撮れちゃうって、使えばわかりますが本当に便利です。
ダブルズームを使っている時、遠くに被写体があり撮ろうと思って望遠レンズに変えている・・・その間に被写体がいなくなってた・・・というのを何度も何度も経験しました。
それが嫌で買い換えたのですがこれがもう最高すぎて他のレンズなんざ使わなくなっちゃいましたw

レンズを持てる本数に制限がある旅では最強のレンズの一つだと自信を持って言えます。
マジで旅するならこれ系の高倍率持っていれば間違いありません。

その代り映りは並前後ですけど、そんなのどうでもよくなるぐらい便利です。

個人的な唯一の欠点は、これ使うと写真大して上達しませんwww


■TAMRON SP AF 10-24mm F/3.5-4.5 Di II LD Aspherical

TAMRON 超広角ズームレンズ SP AF10-24mm F3.5-4.5 DiII キヤノン用 APS-C専用 B001ETAMRON 超広角ズームレンズ SP AF10-24mm F3.5-4.5 DiII キヤノン用 APS-C専用 B001E
(2009/03/03)
タムロン

商品詳細を見る


お次は超広角レンズであるTAMRONの10-24mmのレンズです。

旅に出ると広大な景色を収めたいということが何度もあると思います。
しかし標準レンズ的なやつだと、自分が見ている景色よりかなり狭く縮こまった写真しか撮れないかと思います。
それがこのレンズはひろおおおおおおおく撮れちゃうわけです!

比較画像!

IMG_4794-20130527-181405.jpg

これが標準レンズ(高倍率ズームレンズ)の一番広角側で撮ったお写真。
本当はもっと広大な景色が広がっているのですが、これだと今市どころか雨市です。

これを超広角レンズで同じ場所から撮ると!

IMG_5560-20130607-161530.jpg

どうですか!全然違うでしょ!?
上と比べると全然広く写っていることがわかります。
これが超広角レンズのスタンドなのです。


さてさて、超広角レンズの性能はこれでわかったと思います。

超広角レンズ = 広大な自然を広く写すことができるレンズ

といういうわけです。

・・・まぁそれはもちろん本当のことなのですが、実は超広角レンズの特色はまだまだあったりします。
試しに下の写真を見てください。

IMG_9378-20121025-165252.jpg

これが標準。
Y が消えて akult になってますね。関係ないけど。

IMG_9377-20121025-165251.jpg

そしてこれが超広角。

ぜんっぜん違うでしょ?これでも同じ位置から撮ってます。

超広角レンズの特徴として、ひろーく撮れるのはまぁ当たり前なのですが、そのほかに被写界深度が深いということと遠近感が強調される(近いほど歪む)っちゅーもんがあります。

被写界深度?歪み?
・・・難しいことは抜きだ。簡単にいきますよ。ていくいっといーじーだm9(・∀・)


まず被写界深度っちゅーのは・・・えーっと・・・あれだ、深いとボケにくいってことだwww
つーまーりー!
被写界深度が深い超広角はボケにくいということ!うん間違いないね!

広く撮ったりする場面でボケってあまり必要ないですよね?
なので被写界深度が深いこのレンズを使うと、広く、そしてくっきりと写すことができるのです!

・・・やべぇ・・・我ながら完璧すぎる説明じゃねーかこれ・・・。


んで歪みね。

超広角レンズの特徴として遠近感が強調されるというものがあります。
どういうことかというと、遠くのものは小さく、近くの物はより大きく写るということです。
大きく写るということはすなわち歪んでくるということです。魚眼レンズなんかがいい例ですねー。(クソみたいな説明だけど勘弁して!)

上記の超広角の写真左下のタバコ、微妙に歪んでませんか?
これが狭い室内を広く、そして遠近感が強調された面白い写真になるんですねー。
※しくると大変お見苦しい写真になります。

そしてこの遠近感が強調される、っちゅーのを使った面白い写真の例がブログ内にありましたのでご覧ください。

IMG_9778-20121102-171044.jpg

ガトチュエロスタイル!!

                                      ______
                                   __,,,,,、ノ´:::::::::::::::`ヽ
                           __,,,,,,,,ノ´ヽヾ\\ト、ヾ:::::::ヾ\
                          /:::::::::::::i\ヽヾト;;\ヽヾ;;;;)イノ::\ヽ
                        ∠〃"´:::::i\ヾ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ!│:::::;;;ヽ
                       ノ:::::::::::::::::::::ヾ;;;;;;;;;ヽヾ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;jノノ:::::::;;;ヘ
                     ,ィ彡:::::::::::::::://jkヘミミソゝ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;彡:::::::::::;;;ヘ
                    ィ彡"::::::::::::::;'::i::::l:ハソ//´ヾミ;;;;;;;;;;;;;;;;彡∨:::::::::::;;;ヘ
                    イγ⌒ヽ:::::::::〃∧::|l //ト、/ 彡リ7;;彡   ∨::::::::::::;;;ヘ
                 ィ彡::|::..  |:::_ノ/::::∨!/  >ゞ ,/__,バ´ヽ   V::::::___;;;イ、
                   _ノ::::::::::l;   l::: ̄`ヽ::::/⌒ヽ/   /`´/ ! │    ̄/  .;l|!
               γ⌒ヽ/:::::ハ;   :i::::`ヽ、:∨:.:  ,<ミゝー′/ /  /       ノ   ;l|!
                 {:    ∨::::::::::{`ー :l:::::::::::: /.:   /、__/;;!/         ノ ノム、 ;l|}
               ヽ、:  ∨/八:.  ∨::::::/:.:   ノ;;;;;;;;;;;;;小、       γ三ミヾ/ ノノ′
.                少;,、 ヽ、;;;ノ!:.  ノ`´∧_  ∧ヘ ̄ ̄ ̄        ,、ゞク>))))`"´
         rー--=ム≧ゝ‐  ヽ `ー   {  :∧;\\     _,、ィ升彡/=''′
.           !:.:.:....                 j;;;;;;;;;;ヽ、\ .,、イ彡>>"´
          `ー一';一'<   ____..,,-ー-"ヽ;;;;><彡>"´>´
 ____________ゞ|i!|lヘ ̄  ヽ     /__,、x<彡彡>'´>く´
 \            `<三三三三三三三三三彡'"´ ,>へ.:.:::\
   ヽ               `'<三三三三三彡"´ ,>"´ ⌒ヽ\.:.:::\
     ` .            ____`≧ミ三i彡"´ >升|!|!≧r、   :}  \.:.:::\
         ` ー‐=ニ二_______二j>,,"´ヾⅦil|il|il|j! `ー′   \.:.:::\
                 ∨;:;:;:;:;::::::::::::::::::::::::::Ⅶ|il|il|ij!         \.:.:::\
                      ∨;:;:;:;:;::::::::::::::::::::::::::Ⅶil|il/           \.:.:::\
                    ∨;:;:;:;:;::::::::::::::::::::::::::Ⅶ7               \.:.:::\
                   ,ィj|∨;:;:;:;:;::::::::::::::::::::::::::Ⅶ                    \.:.:::\
                    ,ィj|li|li|li∨;:;:;:;:;::::::::::::::::::::::::;j|!                    \..:.:::>
                `ヾ|li|li|l∨;:;:;:;:;::::::::::::::::::::;;ij′                   `¨´
                       `ヾl!ト、;;;;;;:;:;:;:;::::::::;;ノノ′
                     `ヾヾ≧;;;;,;,彡'"


木刀を持っている右腕や遠くは小さいのに、比べて手前の左手や木刀の切っ先は大きく強調されて見えます。
まぁどーでもいいですけど木刀持ってるとか怪しすぎるんで誰かさっさとこいつ捕まえろ。

IMG_2495-20121103-194729.jpg

そして短足で顔がデカいゆーじろーも、このようになんとなく足が長くて顔が小さそうに撮ることもできますw
これをスタイルがいい女子のモデルさんに生足でやってもらうt(

ね?超広角レンズ、おもしろそうでしょ?
広大な自然も撮れるしおもしろい写真も撮れる。
これも高倍率に続いて旅にオススメなレンズだと思います!


っとまぁこれぐらいで僕の使用してきた機材のご紹介は終わろうと思います。
コンデジやミラーレスはちょっとわかりませんが、初めて一眼を使うならこの構成が結構お勧めかな?

エントリーモデルの一眼でも、十分いい写真を撮ることができます。
これから使い続けるかもわからないんだし、どうしても一眼を買うならエントリーモデルにして、使い倒して色々欲が出てきたら、その時改めていいカメラを買えばいいと思います。
Canonの場合、APS-Cとフルサイズ(わからなかったらスルーしてくださいw)でレンズ違うんで若干無駄になるかもしれませんが、最初は背伸びしないでこのぐらいをお勧めします。

あとレンズね。
これは別に標準でもダブルズームでもいいんですけど、個人的に旅で絶対的におすすめなのが僕の使っていたコンビかなーって思います。

高倍率ズームレンズは本当に便利で、こういう旅の為に作られたレンズなんちゃうかなーと思う程。一度使ったら抜け出せませんよ!

そして超広角レンズ。これも旅には必携の一本かなーって個人的に思います。
やっぱり全国周るなら、広大な自然を少しでも広く見たまま残したいですよね。
自然以外にも面白い使い方できますし、二本目のレンズにぜひぜひ!

他にも色んな種類のレンズがありますが、個人的にはこの二本をお勧めします!!



撮影枚数



これは一番最初のまとめ記事に書けばよかったなぁ・・・まぁいいか。

メモリーカード16G:15枚
メモリーカード32G:1枚
メモリーカード8G:1枚
メモリーカード2G:1枚

合計:282G


・・・うん、なんのこっちゃわかりませんねw

旅中に余分な写真はちまちま消していまして、最終的に手元に残っているのがこれだけになります。ざっくりと16Gで2,000枚ぐらいだったと思いますので、約35,000枚が残っている計算になるのかな?

以上から算出した旅中に撮った純粋な撮影枚数は・・・って算出なんてできるわけねーだろ(^q^)

消してたのも併せるとざっくり50,000枚とか?そんな撮ってないかな?
・・・まぁ、どーでもいいかw大事なのは35,000枚手元に残ってると言うことだけさーねw

撮るときは狂ったように撮るけど、沈没しているとカメラに触りもしないというスタイルだったので、まぁ妥当な数字なのかなーと思います。

この項目おーわりw




写真の管理について



ここからはブロガー向けの記事になりますねー。
別に特別なこともしてないし、使っているのはその辺に落ちているフリーソフトだけなので難しいことは一切ございません。

ゆーじろーは560日間もの間、こうやって写真をまとめてブログ書いてたんだなーと流していただければ幸いです。

まず写真の管理ですが、当然撮った写真をまずはPCに取り込みます。
で、その写真の管理の仕方なのですが、自分は・・・

フォルダ

こんな感じで、日付ごとにフォルダを分けて管理していました。

あとあとあまいっちゃんの記事見て、あーあのまとめ方いいなーとか思いましたが、まぁこれでもなんとかなります。多分w
実際、いつ何があったか日付なんざ覚えて吐いませんが、大体この辺だなーってのは覚えているので、その辺のフォルダ一回開けばまぁだいたいいつの写真かわかるのでそんなに苦労はしませんでしたねー。

ただまぁ日付だけじゃなくて、出発地到着地や都道府県やらを入れとくとより管理しやすいかな?


写真の加工



一眼で撮った写真はサイズがべらぼうにでっかいので、まずは縮小しないことにはブログなんざ書けません。
というわけで最低限、写真を縮小する作業というものが発生します。

人によってはここで写真に更なるレタッチを加える人もいると思いますが、僕はあまりやらないのでやんわりと触れるだけにしておきます。

僕が縮小する際に使用していたのがPhotoScapeというフリーのソフトです。
これフリーの割になんでもできてめっちゃ便利で使いやすかったです!

ps1.png

開くとこんな感じ。

基本的にブログを書く際は、いつも上のタブの左から四つ目、「一括編集」を使います。
画像を一枚一枚レタッチしたい場合は「画像編集」を使います・・・が、もういちいち説明するのもあれなので、詳しく知りたかったら聞くかggってくださいw
ここでは僕が日常的にやっていた作業のみ記載します!

ps2-20150226-220446.png

「一括編集」を選択するとこのような画面になります。

左上の赤枠で実際に加工するフォルダを選択し、選択されたフォルダの中にある写真が左下の赤枠の中に全て表示されます。
あくまでも僕はですが、一度全て縮小してからブログに使う写真を選定しておりましたので、毎回愚直に全て縮小しておりますw
ですので今回もそのやりかたでw

左下に表示された写真を全て加工したいので、一つだけ選択して、キーボードの Ctrl + A キーを同時に押します。
そうすると写真が全て選択(青っぽくなる)されますので、これをマウスで右クリックしたまま矢印の場所に移動し、右クリックを離します。
するとどうでしょう!

ps3-20150226-220446.png

全ての写真が上の赤枠で囲・・・うつもりだった場所に移動しました!

これで準備おk。
実際に画像を加工する処理に入って行きます。
と言っても僕は縮小するのがメインなのであれですが・・・。

まずはホームタブを選択します。(最初から勝手に選択されています)
そこにリサイズという項目がありますので、伸縮を選択します。
ここでブログにアップするサイズに幅と高さを合わせます。これで終了w
伸縮以外にもトリミングや調整なんて項目もありますので、後は自分にあったやり方で。

ちなみに一度設定すると、次回以降デフォルトで設定されていますので、日々ブログを書いていらっしゃる皆様には非常に便利な設計となっております(・∀・)

次!

ps4-20150226-220446.png

フィルタータブを選択します。
すると写真のようにたーくさんの項目が出てきます。
写真をレタッチしたい人は、ここで色々と調整して加工しちゃってください。

一つ注意なのが、今回のやり方は全ての写真に適用されるという事。
つまり、この写真暗いから少し明るくしよう!
と思って書こうすると、漏れなくその設定が全ての写真に適用されることになりますので、明るい写真がもっと明るくなっちゃったYO!なーんてことになるので気を付けてください。

まぁ一括編集でレタッチはあまりしない方がいいと思います。書いといてなんだけどw

さて、写真サイズの変更やレタッチの設定が終わりましたら、後は写真を吐きだすだけ!

ps5-20150228-161309.png

まずは右上のすべて変換ボタンを押下します。
するとこんな感じでぽこんとウィンドウ的なのが出てきますので、保存先や名前、画質などを選択します。

僕は写真を日付ごとに管理していると書きましたが、その日付フォルダの下に縮小後というフォルダを作っています。
元の写真は日付ファイル直下に、縮小後のファイルは縮小後フォルダで管理、ってな感じでやっていました。

指定したフォルダに写真を保存をクリックして選択し、「・・・」というボタンを押して保存先を選択。
ここまでやって保存ボタンを押下すると、後は自動で設定通り縮小した写真が指定したフォルダにぽこぽこと出力されまーす!

あとは出力された写真をアップしてブログ書けー!!!!



最後に



てなわけでカメラと写真のまとめ記事でしたー。

旅を機に一眼レフに手を出す方は多いと思いますが、みなさんレンズにはかなり迷うと思います。
一眼の醍醐味はレンズ交換をすることで色んな写真を撮れること。
色んなレンズがあり、それぞれに特色があり決められない!なーんてことはよく聞きますので、この記事が少しでも参考になれば幸いです。

僕がゴリ押しした高倍率と超広角以外にも沢山いいレンズがありますので、自分の撮りたい写真を考えて選択すれば、きっとあなたにしか撮れない素敵写真が撮れちゃうと思いますよ!あとは撮りまくっていればそのうち腕もあがってきますw多分w

何はともあれ、楽しい日本一周写真旅を!


さーて。次は何を書こうかなー。
というかそろそろ終わりが見えてきたなー。
あと少しだけ更新したら・・・ついにこのブログも終わりだなー。

もうちょっとだけお付き合い頂ければと思います。




んじゃまたw


にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
ブログランキングに参加しています。
面白かったら押していただくとモチベーションが上がりますw

スポンサーサイト
( 2015/02/28 17:31 ) Category まとめ記事 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ゆーじろー

Author:ゆーじろー
HN:ゆーじろー
性別:♂
年齢:20代

HNは実際にそう呼んでる人がいるため。

2012年5月から自転車で日本一周+αの旅に出ました。
理由は色々あるけど、一番は楽しそうだから!

自分の住んでいる国を、自分の脚で(自転車で)駆け回り、自分の目で見て、自分の手で触れ、自分の頭で考え、自分の体で感じて精一杯楽しんで来ようと思います!

最新トラックバック
カテゴリ
アクセス数


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。