ゆーじろーの自転車で日本一周?+α?の旅

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
( --/--/-- --:-- ) Category スポンサー広告 | トラックバック:(-) | コメント:(-)

【まとめ記事】お遍路について【ブラック注意】 

どうもー。ゆーじろーっす。


まとめ記事第七弾はお遍路について!

正直まとめるようなことは何もないのですが、お遍路最終日、結願の記事文末に詳しい内容は旅終了後のまとめ記事にでも書きますとか書いちゃいましたので・・・まぁ一応書こうと思いますw

正直ねーこれ書こうと思うと結構ブラックになっちゃいそうで怖いんですよねーw
まぁ最後だし書くか―ってな気持ちで突っ走ります!

んじゃーいってみようー。気乗りしないけどw


お遍路の期間



2012/12/19~2013/2/9(63日間)

だいぶ長いことやってたんだなぁ・・・(´∀`;)



お遍路をした理由



これは日本一周本編でも書きましたが改めて。
※本編のコピペなので飛ばしていただいて構いませんw


僕がお遍路をやろうと思ったのは、せっかく日本一周していて、せっかく四国を周るのだから。というのが理由です。
言い方は悪くなりますが、要するに日本一周のついでにやろうと思ったに過ぎないわけです。

旅に出る前の僕に、仕事をやめてお遍路するか?と問えば、迷うことなく答えはNoです。
だからどんな理由を並べたところで、僕のお遍路は単なる日本一周のついでなのです(・∀・)


ということで、動機は日本一周のついでになんとなくでございます(・∀・)

まぁ別にそれが悪いとも思わないし、そんなのもありだろーと思いますw



ゆーじろー'sお遍路Style



■装備品

IMG_2489-20121228-141725.jpg

頭:お遍路笠
身体:ユニクロのダウン + モンベルのレインウェア
右手:一眼レフ
左手:数珠
腰:汚いズボン
足:腐った靴

つまり笠と数珠以外は買いませんでした(・∀・)


■マイルール

①:各札所の写真は絶対に撮影する。(自分は基本的に入れずに撮影する。)
②:礼儀作法はしっかりやる。失礼のないようにお参りする。
③:一番札所から順に打つ「順打ち」で巡る。
④:各札所で4つのお願いをする。
⑤:無理はしない。

加えて

・納経はしない
・朱印も頂かない


こんなスタイルでお遍路をしてきました(・∀・)



お遍路のまとめ



僕もしんごさんに習って、各都道府県ごとにまとめてみようと思います(`・ω・´)



■ 徳島県(阿波) ~ 発心の道場 ~ ■

第一番札所 ~ 第二十三番札所


IMG_2810-20130102-112433.jpg

あばらが三本砕けた状態でスタートしたお遍路。
平坦な道はいいが登りになると一気に痛み漕げなくなるような状態でした・・・w
今だから笑い話になるけど、あの時はホント毎日死ぬかと思ってましたwww

そんなお遍路スタートの地、徳島県。

・印象に残っているお寺


第一番札所 霊山寺

IMG_2492-20121228-141731.jpg

信仰心のない僕でもさすがに身が引き締まる思いでしたよ(`・ω・´)
おっしゃ!やるって言ったからには最後までやったるで!!

・・・そんなふうに考えていた時期が俺にもありました。


第十番札所 切幡寺

IMG_2579-20121228-141849.jpg

寺の前には坂道ではなく壁がそびえ立ってました。
書いてはいませんが、登ろうとしたらアバラがアバレだした(ププッ)ので、チャリを坂道の下に (*´ー`*)ノ ⌒ ゚ ポィッ として歩いて登りましたwそれでも痛かったけどもw

この寺で何か一気にテンションが落ちました(・∀・)


第十二番札所 焼山寺

IMG_2659-20121230-130338.jpg

通称遍路ころがしとか、十二番にして一番辛いとか、天竺に一番近い場所とか色々悪評を聞いていたここ焼山寺。その実態はッ!?
・・・それ以上でした( ´_ゝ`)

壁のような傾斜の坂道は、ハンドルに全体重掛けて前かがみになりつま先で押して行かないと自転車が動いてくれません。後日データを確認したら最大勾配22%でした。


第二十番札所 鶴林寺

IMG_2916-20130103-134520.jpg

最大勾配は恐らく焼山寺を越えたであろう、こちらもとんでもない場所に建てられた寺でした。
焼山寺以上に死が見えたような気がしました。何度か本気でアバラがヤバかった。。
どれぐらいやばかったかっつーと、三途の川が見えたどころの騒ぎじゃなく、その三途の川をバタフライで対岸まで泳ぎ切っちゃうぐらいヤバかったです。。。

この辺りではもう既に弘○大師さんはすごい人ではなく、僕の中でただの敵でしたwwwおどりゃーなんでこんなとこ登ってくれちゃったんだよーってな感じでwww
罰当たりな事書いてますけど、ネタとしてスルーしてくださいw

この日の最大勾配・・・今データ確認したんですけど、36%って出てるんですけどさすがにこれは間違いだよな・・・?


―――徳島県編まとめ―――

九番札所までは気持ちも引き締めてやる気もMAXだったのですが、十番札所で出鼻と心を挫かれ、十二番札所の焼山寺では本気でやめようと思い、二十番の鶴林寺では弘法△師さんに○意が芽生え始めてきましたw完全に言いがかりですけどもw

何でこんなこと始めちゃったんだよ・・・という後悔と、もうやめたい・・・という負の感情がだんだんと大きくなってきた感じでしょうか。

それでも徳島観光は超楽しかったし、徳島ラーメンくっそうまかったし、何より善根宿を始め沢山の温かい人達にも助けて頂いたので、まだまだ気持ちは折れてはいませんでした。
まだ新鮮な気持ちも少なからず残っていた・・・かな?w



■ 高知県(土佐) ~ 修行の道場 ~ ■

第二十四番札所 ~ 第三十九番札所


IMG_3129-20130103-160824.jpg

高知県入りは2012/12/24。つまり世間はクリスマスイブ。
SNS等で楽しそうな写真が飛び交う中、寒すぎてトイレでクリスマスケーキを食うというわけのわからんスタートを切ってしまった土佐修行の道場こと高知県。
あの時はこれはちょっとネタになるなー程度にしか考えていなかったのですが、まさかこれが恒例になるとはwww

てか修行てなんやねん修行て・・・。

・印象に残っているお寺


第二十七番札所 神峯寺

IMG_3248-20130103-191353.jpg

あんなに辛かった焼山寺や鶴林寺ですが、最大勾配はこちらの方が上だと思います。
データ確認したところ42%でしたwww多分この旅での最大勾配だと思うwww

・・・いや笑えないから。

あまりにも辛すぎて他の寺すっとばして高知市街まで飲みに行っちまいましたw
そんでもって高知市街で本気の腐り方を見せるんだよなー・・・w
※もちろん後日戻って全部回収しました。


第三十一番札所 竹林寺

IMG_3516-20130109-210652.jpg

くっそ辛かったけど、中にいた女の人がすげー可愛かったからいい寺でした。


第三十五番札所 清滝寺

IMG_3639-20130109-210912.jpg

この寺の坂もえげつないっす。
この日の最大勾配は30%。
高知に入ってから何かがおかしい・・・。
だんだんとあばらの痛みが治まってきていたので行けてますけど、徳島でこれだったら本気でやめてたかもしれません。。。


第三十七番札所 岩本寺

IMG_3906-20130113-120215.jpg

前日(大晦日)にテントの中に天ぷらそば盛大にぶちまけたんだっけなぁ・・・(´∀`)
ここで初詣したので何となく印象に残ってます。


第三十八番札所 金剛福寺

IMG_4428-20130120-195228.jpg

この寺がどうというより、四万十のゲストハウス沈没での出会いや、アバラのほぼ全快、この後に足摺岬で見ただるま夕陽や、その後の星空の綺麗さなど沢山のいい思い出の中寄ったお寺なのですげー印象に残っていますw


―――高知県編まとめ―――

焼山寺や鶴林寺など徳島でもきつい寺はありましたが、高知に入った途端にほとんどの寺が山の中で全部が全部辛くなりましたwwwさっすが修行の道場www

あまりにも辛くて心が折れかけて、高知市街ではカツオのタタキを中心に、類まれなる腐り方をしましたw昼間っから日本酒片手に一人で町を練り歩くとか何してんだwww

とにかく寺が絡む日はほぼ毎日辛く、もうやってやろうなんて気持ちは1ミクロンも持ち合わせてはいませんでした。

高知に入ってからは、お遍路を続けていた理由がただの意地になってました。
僕は一度言ったら最後まで絶対やるーってな性格なので、ここでやめたら・・・という意地だけでやってました、正直w

ストレスが溜まる毎日で、高知での沈没とか四万十での沈没があったからよかったものの、そうじゃなかったらお遍路どころか旅自体がつまらないと思っていたと思います。
・・・この辺は最後にまとめます。



■ 愛媛県(伊予) ~ 菩提の道場 ~ ■

第四十番札所 ~ 第六十五番札所


IMG_4958-20130126-195038.jpg

都道府県的には後半に入ったお遍路。
札所の折り返し地点もここ愛媛にあるのですが、そこでこの旅最初で最後であろう、半端ない心の折れ方をしましたw懐かしーw

吹雪の峠越えとか雪山歩き遍路とか辛いことも沢山あったけど、でも愛媛うめーもん沢山あったしいい出会いもあったし、なんだかんだよかったんかなー。

・印象に残っているお寺


第四十三番札所 明石寺

IMG_4803-20130121-205718.jpg

勾配はともかく永遠と山越えをさせられた先にあります。
寺は改装工事中だったのですが、迎えの店にイケメンなこいつがいたのが印象的w
ちなみにこいつ・・・スカートはいてます(・∀・)


第四十四番札所 大宝寺

IMG_4876-20130126-184604.jpg

第四十五番札所 岩屋寺

IMG_4886-20130126-184612_20130216143444.jpg

ある意味この二つとお寺が一番印象に残ってるかも・・・。

丁度折り返し地点である大宝寺と岩屋寺ですが、これがずーーーーーーーーーっと山越えさせられた先にありまして、んで山超えて、あと30km峠越えれば松山につけるってーのに、この二つのお寺に行くためだけに、国道から反れて無駄な往復(もちろん激しいアップダウン)をさせられるわけです。

ここで本当に心が折れましたw
何でおれはこんなことやってんだって本気で思いましたw

心がばっきばきに折れて、松山まで行くつもりが近くの公園に適当に泊まったのですが・・・そのおかげで次の日朝から吹雪になって、その中峠越えしなくてはならなくなり・・・この旅で一番精神が摩耗していたのがこの辺りでしたねー。

高知からずっと心にあった思いが爆発したお寺でした。


なんで好きなように旅ができないんだ―――


第四十七番札所 八坂寺

IMG_4967-20130126-195046.jpg

吹雪の峠越えの後に来たお寺なのですが、あまりのしんどさにここでハンガーノックになりましたw
ほーんとあん時はしんどかったなぁ・・・。


第六十番札所 横峯寺

IMG_5479-20130203-193740.jpg

チャリで登れる道が雪のため通行止めで、このお寺に行くためには車で有料道路を行くか、雪山の遍路道を歩いて行くかの二択でした。
・・・もちろん歩いて行ったのですが、雪山の登山ってしんどいっすねーw楽しかったけどw


―――愛媛県編まとめ―――

何といっても四十四、四十五番での心の折れ方が半端なかったです。
もう何もかもがどうでもよくなった瞬間でしたw

それでもやめなかったのは・・・やっぱ意地ですねー。
後は沢山の人によくしてもらってるのに、ここで諦めるのは・・・って感じでしょうか。

高知でもやりましたが、反動で松山で腐りまくって毎日一人で飲み歩いてましたねーw
あれはあれで楽しかったw
というかそういうのがなかったら続いてなかった。高知編でも書きましたが。

でも愛媛はうまいもんだらけだったし、場所自体はすごく好きな都道府県になりました。



■ 香川県(讃岐) ~ 涅槃の道場 ~ ■

第六十六番札所 ~ 第八十八番札所


IMG_5917-20130210-125556.jpg

お遍路、四国共に最後の地、香川県です。
ここは本当に楽しみにしてた場所なんですよねー!
もう寺の事とか半分頭から消えて、ひたすらうどんを追い求めてましたw

香川には大学時代の友人がおり、高松では絵に描いたような沈没をしますw

うどん食って寺行って、うどん食ってアバラ折って、うどん食ってうどん食ってうどん食ってたまに寺行って・・・うん、いい場所だった(・∀・)

・印象に残っているお寺


第六十六番札所 雲辺寺

IMG_5570-20130204-123644.jpg

厳密にいうと、雲辺寺は香川県と徳島県の県境にあって、ぎりぎり徳島県なのですが、霊場的には讃岐の霊場ですのでこちらでカウント。
お遍路史上最高標高のお寺で、まさかのゲレンデの横にありますw
馬鹿正直にチャリで行ったらこの石造のようにムンクになっていたと思いますが、ここはロープウェイがあるので楽ちんですw


第六十八番札所 神恵院

IMG_5599-20130204-151831.jpg

第六十九番札所 観音寺

IMG_5600-20130204-151833.jpg

同じ敷地内に二つお寺があるという超絶ラッキースポット!
・・・ラッキーとか何罰当たりな事をと思われるかもしれませんが、その何億倍も罰当たりな事考えているのでこの程度は無問題なのです(・∀・)


第七十五番札所 善通寺

IMG_5633-20130204-151916.jpg

弘法□師が生まれたお寺だそうで、ものすごく立派で広いお寺でした。
・・・つまり僕の敵ですね(・∀・)

この辺は寺が密集してて周りやすかったですねー。


第八十二番札所 根香寺

IMG_5859-20130210-125340.jpg

車でチートしていったお寺ですねw
ここ、雰囲気がすごくて・・・もう気味が悪いの一言に尽きます。

興味がある方は「根香寺 心霊」とかで検索してみてください・・・。


第八十五番札所 八栗寺

IMG_6139-20130211-182337.jpg

沈没明けで登ったのですが、途中で強烈な頭痛と吐き気に襲われてしばらく死んでました・・・。
本当はこの日にお遍路終わらせる予定だったのですが、これにより最後の八十八番札所だけ行けずに戻ることになりました・・・。


第八十八番札所 大窪寺

IMG_6195-20130211-221508.jpg

IMG_6194-20130211-221507.jpg

お遍路最後のお寺、第八十八番札所・大窪寺。

参拝を済ませて一息ついていると、色んな感情がごっちゃになって、勝手に涙が出てきたのを覚えていますw
不思議と達成感ってのは一切なかったのですが、その代わり解放感は凄まじかったですねぇwww

何はともあれ、

「ああ、終わった。明日から次の寺は…って考えなくてもいいんだな」

ってのが本心だったのかなーって思います。
お疲れオレ。



お遍路を終えて



お遍路のダイジェストをお送りしましたが、ここからはお遍路を終えてゆーじろーが思ったことを書いていきたいと思います。

最初に言っておきます。今まで以上にブラックだと思いますw

この記事自体、最後まで書くの躊躇しましたが・・・こういう本心を書いたブログってあまりないような気がしますし(特に悪い系の事)、事実自分もそういう部分はあまり書かないようにしていました。
なのでまぁ・・・最後だし、お遍路だけは正直に書いてみようかなーと。


この先はお遍路を真剣に考えている方や信仰心のある方は見ないでください・・・とはブログですので言いませんが、見ない方がいいですよーw
不快に思った時点でやめてくださいねー。


それではまず最初に一言。


おまえそんな高いとこばっか登ってんじゃねーよ!!!1


荷物つんだチャリのこと考えてよ!!
無理だから!このチャリで毎回あんなエゲツない坂登るのなんて無理だから!!
※完全に言いがかりです。

本当に辛いです。気が狂うかと思いましたよwww

その時のコンディションや荷物の量、チャリの性能なんかにもよるとは思うのですが、勾配20%を超えるような坂を登る場合、徒歩より自転車の方が遥かにきついです。これは両方やったので間違いありません。荷物背負ってないけどw
まぁ徒歩の方は重い荷物背負って毎日長距離歩いているのでその限りではないのですが・・・まぁあくまでも万全の状態で登った場合、ってことです。

チャリが普通に押しても進みません。
全体重掛けないと登らないのです。
そんなんがいくつもいくつも出てくれば、そりゃ嫌にもなりますわw

やらない後悔よりやって後悔

なーんて言葉がありますが、今でも思います。やって後悔しました。

その理由は坂が辛い・・・なんていう簡単な事ではないですw


僕は自由に旅がしたいんです。
そこには約束とか期限とか、やらなければいけないことや行かなければならない場所というのが極力ない、自分の気持ちを素直に行動にできる、そんな旅がしたいんです。
現に今まではそういう旅を、自分なりにしてきたつもりです。
誰に何を言われようと、行きたい場所は行くし、定番でも興味なければ行かないし、金はかかっても楽しければ沈没もします。

みんな似たようなものかもしれませんが、こういう旅ってそうあるべきなのかなーって思います。人それぞれですけど。

それがね、お遍路をすると自由じゃなくなるんです。
厳密に言えば少し違うのですが、間違いなくお遍路によって行動に制限が掛かってきます。

お寺は基本的に17:00で閉まってしまいます。

例えば、もし自分が今日はここまで走りたいなーと思っていても、17:00でお寺が閉まってお参りできなかったので、走るのは諦めて近場で泊まらなくてはならなくなった、とか。

ここ行ってみたいとかこのルートで行きたいとかがあっても、次のお寺があっちにあるから違うルートで行かなきゃ行けないとか・・・。

とにかく行動が縛られるんです。
もちろん上記は、先に行ってあとから戻ったり、寺行ってからまた行きたいとこに行くとか、方法はいくらでもあります。
でもそうじゃないんです。こうしたいっていう気持ちがあっても、その通りにできないっていうことがそもそもストレスなのです。
心に「次のお寺はあそこだから・・・」という気持ちが絶対に出て来てしまうので、どこか違うところに行こうにも今までのように気楽に楽しめていない自分がいました。

そんな気持ちが、既に徳島県を抜ける辺りから少しずつ出てきて、高知でかなり高まり、そして折り返し地点である四十四、四十五番札所で爆発した、って感じでしょうか。

坂がどうとかそんなことよりも、何よりもこの自分の思い通りに旅ができないっていうのが最高にストレスでした。

機会があればチャリとは言いませんが、また四国を周りたいってずっと思ってます。
多分これ、お遍路してなかったら出てこなかった感情なのかなって思います。


だいたいにして、お遍路始めた理由が日本一周のついでって言いきってるんで、こういう結果になるのは実は最初からわかっていたことなのかもしれませんねw当然っちゃー当然だわなw

今まで大師様のことdisった書き方とかしていましたが、まぁあの辺はただのネタですので本当に思っていることではありませんが、上に書いたことは僕の今でも思っている本心です。
それでもいい経験になったとは思っています。色んな意味で。

何よりも、お遍路をしていなかったら出会えていなかった人たち。善意だけで色んなことをして頂いちゃいました・・・うん、やっぱりそんな出会いがあった、それだけでやってよかったのかな・・・?どうだろうなぁ・・・。

まぁこんなところでしょうか。


最後に



いやーブラックなこと書いてしまったなーwこれは反感買いそうだなーw
でもまぁ、これがあの時書かなかったブラックな全容ですw
最後なので思い切って書いてみましたw

で、ここまで書いておいてなんですが、勘違いをして欲しくないので最後に書きます。


お遍路自体は素晴らしい文化だと思います。
ちゃんとした気持ちでやっている人は本気で尊敬します。

ただ、僕の旅のスタイルにはとても合わなかった、というだけの話です。



あれだけだとなんかお遍路をdisってるようにとられそうですのでw

ホント、お遍路自体は素晴らしいし、やってる人もすごいし尊敬します。
これは自分がやったからこそ出てくる思いです。

なので、これ読んで気分を害された方がいましたらお詫びいたします。
もし真剣にお遍路を考えてらっしゃる方でしたら、全力で応援します(`・ω・´)

ただ、興味本位でやる方は全力で止めさせていただきますw
やめとけってwwwマジで辛いぞwww

そんな感じで、今回は終了でーす。




んじゃまたw


にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
ブログランキングに参加しています。
面白かったら押していただくとモチベーションが上がりますw


スポンサーサイト
( 2015/03/07 19:31 ) Category まとめ記事 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ゆーじろー

Author:ゆーじろー
HN:ゆーじろー
性別:♂
年齢:20代

HNは実際にそう呼んでる人がいるため。

2012年5月から自転車で日本一周+αの旅に出ました。
理由は色々あるけど、一番は楽しそうだから!

自分の住んでいる国を、自分の脚で(自転車で)駆け回り、自分の目で見て、自分の手で触れ、自分の頭で考え、自分の体で感じて精一杯楽しんで来ようと思います!

最新トラックバック
カテゴリ
アクセス数


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。